借金のトラブル

案内する男性

過払い金とは、グレーゾーン金利ともいい、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が利息制限法で定められた利息の上限を超えて取り続けていた利息のことです。 10万円以上100万円未満の場合、利息制限法では18%という上限を設けています。しかし、多くの貸金業者では、出資法の上限である29.2%の利息を適用しておりました。つまり、この差額である29.2−18=11.2%の利息分を過払い金として返還請求できるということです。場合によっては百万円以上も戻ってくる場合があります。 過払い金返還請求には時効が設けられており、借金を完済した翌日から10年間です。その期間が過ぎたり、お金を借りていた貸金業者が倒産していた場合は返還請求ができませんので、過払い金返還請求をする権利を持っている人は早めに請求をすることが重要です。

過払い金というのは、あれば確実に返還請求できます。それはよいのですが、問題はそのための費用です。自力でやれれば、大した問題ではないのですが、それができない人は法曹家に依頼するのです。 そのための費用によって、返還される過払い金がなくなってしまうこともあります。それが問題になったこともあり、しないほうがよいときもあるのです。過払い金というのは、あればそのまま自分の元にくることもありますが、人に依頼すれば当然、料金を支払う必要があるのです。 ですから、過払い金返還請求を弁護士なり司法書士などに依頼するのであれば、料金を確認することです。 ちなみに返還される金額の何パーセントとやること自体の料金という形態になっていることが殆どです。